歯列矯正

歯列矯正でEラインが改善できるケース・できないケースとは?治療がうまくいくコツもご紹介

SHARE
更新日: |
公開日:
アイキャッチ

Eライン(esthetic line エステティックライン)とは、鼻先とアゴの先端を結んだ線のことで、美しい横顔の指標となるものです。一般的には唇の先がこのEライン上にあるか、少し中に入っている状態が理想的とされています。

目次

歯列矯正でEラインは変わる?

画像はイメージです

歯列矯正をすることでEラインは変化します。

歯やアゴの位置、傾きなどによって唇の位置は決まります。ですので、歯並びを整えると唇の位置や口元の突出感も変わり、Eラインに変化がでるのです。

ただし、変化の度合いには個人差があります。大きく口元が前に出てしまっている歯並びや抜歯が必要な場合には、治療によるEラインの変化は大きい傾向ですが、多少歯並びがデコボコしている程度であれば、Eラインの変化は小さくなりやすいです。※理想のEラインを手に入れるには歯列矯正では難しいケースもあり、その場合は美容外科などへの相談が必要になります。

歯科医との無料の矯正相談で聞いてみる

歯列矯正で自分の希望が叶うかどうか分からない状態でクリニックにお金を払って相談するのは勇気がいりますよね。アットスマイル矯正なら歯科医との初回相談が無料!

「自分は歯列矯正でEラインをつくれる?」「費用や期間はどれくらい?」などのお悩みも、歯科医が回答してくれます。

アットスマイル矯正をチェックしてみる

アットスマイル矯正に行った人の声

口元のパターン別 歯列矯正で改善できるケース・できないケース

Eラインでお悩みの方に多い歯並びのパターンごとに、Eラインを改善するための治療方法をご紹介いたします。

※ご紹介する内容はあくまで一例です。詳しい治療方法や治療効果(Eラインがどの程度改善するかなど)は個人差があります。
※くれぐれも、担当医の指示・方針に従って治療を受けましょう。
※Eラインの状態を左右する要因は歯並びだけではないため、症状によっては歯科矯正のみでは希望通りのEラインにすることが難しい場合もございます。その際は美容外科などへの相談もご検討ください。

パターン① 出っ歯

出っ歯の場合は、上唇がEラインより出てしまっている状態が多いです。無理に口を閉じようとすると下唇も伴う事もあります。

前歯が前に傾いていることで唇が出てしまっているような、ごく軽度の症状であれば歯並びを整えることによってEラインが改善する場合もあります。

歯が並ぶためのスペースが足りず、結果的に前に歯が押し出されてしまっているような歯並びの場合には、まず、歯を並べるスペースづくりを行う必要があります。

非抜歯でスペースを作る方法

抜歯をせずにスペースを作るためには、IPRやインプラント矯正などの方法を用います。

IPRとは、歯の側面を0.2mm~0.5mm程の範囲で少しだけ削り、歯の横幅を小さくしてスペースを作る方法です。Eライン改善のみならず、多くの歯列矯正の症例で用いられている方法です。

インプラント矯正とは、歯茎にアンカースクリュー(ミニインプラント)という小さなネジを埋め込みそれを固定源として歯並びを引っ張る方法です。

しかしながら、これら方法で作れるスペースはあまり大きくはありませんので、口元の変化もそこまで大きいものではないです。口元の突出具合が比較的軽度の場合に適しています。

抜歯をしてスペースを作る方法

口元の突出が大きい場合には、抜歯をしたほうが良いケースが多いです。

歯を抜いてできたスペースを利用して、前歯の歯並びを大きく後ろに下げることができます。主に小臼歯という、前から数えて4番目の歯を抜歯することが多いです。

場合によってはインプラント矯正なども併用して前歯を後ろに下げます。

骨格性の出っ歯で外科矯正が必要な場合

上あごの過成長などが原因で、アゴごと前に出てしまっている出っ歯の場合、歯列矯正のみでは改善されないことがあります。その場合は外科矯正により、アゴの骨を切って、上あごを後退させたり、下あごを前に出すなどして治療を行います。矯正後の口元の変化が最も大きな方法です。

※歯科矯正のみでは希望通りのEラインにすることが難しい場合もございます。

パターン② 上下顎前突

いわゆる上下顎前突と呼ばれる歯並びの場合、上下ともに口元が前に出てしまっています。

歯だけが前に倒れたりして出てしまっている軽度の場合には、歯を並べるスペースを作り、上下の歯並びを後退させることによって改善することが多いです。症状によっては抜歯を行います。

※骨格性の上下顎前突は外科矯正が必要です。
※歯科矯正のみでは希望通りのEラインにすることが難しい場合もございます。

パターン③ 下あごが小さい・引っ込みすぎている(あごがない)

下あごが小さい・引っ込みすぎている場合は、下あごの先が極端に後ろにあり、それに伴って口元がEラインの外に出ていることが多いです。

症状が軽度で、歯並びが前に出ていることによってアゴが後退しているように見えてしまっている場合などには、上の歯並びを後退させ、歯並びを整えることで改善することもあります。この場合も出っ歯と同様に、症状によっては抜歯を行います。

※骨格的に下あごが小さかったり後方に位置する場合には外科矯正が必要です。
※アゴ先の組織などの調整には、形成外科や美容外科での施術が必要な場合もあります。

パターン④ 受け口

受け口の場合、Eラインから下あごが出ていることが多いです。

歯の生えている角度に問題があって、下の歯が上の歯より出てしまっている場合や、かみ合わせの問題で下あごが前に出てしまっている場合などは、歯並びを治すことで改善することが多いです。場合によっては抜歯を行います。

※骨格性の受け口の場合は外科矯正が必要です。
※歯科矯正のみでは希望通りのEラインにすることが難しい場合もございます。

パターン⑤ 口元が引っ込みすぎている

口元が引っ込みすぎていると、Eラインよりかなり内側になってしまいがちです。

歯が内側に傾いてはえていたり、深く噛みこんでいる(過蓋咬合)ことなどが原因で口元が引っ込んでしまっている場合、歯列矯正で改善できる可能性があります。

深く噛みこんでいる歯並びの例

歯の欠損によって口元が後退している場合などは、かぶせ物等の治療が必要な場合があります。

奥歯を多数失っている場合などは、かみ合わせの高さが低くなったり、下のあごが前へずれていることもあります。歯の欠損によって口元が変わってしまっている場合、失った部分をかぶせ物などで補い、かみ合わせを整えると改善することもあります。

また、前歯にかぶせ物をしてふくらみを作るというのも方法の一つです。

歯列矯正での改善には限度がある

歯列矯正によってEラインの改善は可能です。しかしながら、Eラインを決める要因は歯並び以外にも、顔の骨格や鼻の高さ、唇やアゴの皮膚組織の厚さなどがあります。

例えば鼻が低かったり、唇が分厚い場合には、歯列矯正のみでは大きな変化は感じにくいこともあります。

また、鼻やアゴに高さのある欧米人に比べ、鼻が低く下あごが華奢な傾向がある日本人は、歯列矯正のみでのEラインの大きな変化は、感じにくいことが多いです。

こういった、歯並び以外の要素の調整を必要とする場合は美容外科等での対応となり、歯科治療だけでは難しくなります。

Eラインをキレイにするための期間と費用は?

歯列矯正や外科矯正によってEラインを改善させる場合、治療期間や費用は、ご自身の歯並びの状態や、どの矯正方法を選ぶかによって変わってきます。今回はおおよその目安をお伝えいたします。

非抜歯の歯列矯正で改善する場合

部分矯正であれば期間は約3ヶ月~1年ほど、費用は約10万円~50万円ほど。全体矯正であれば期間は約1年~2年ほど、費用は約60万円~150万円ほどかかります。

抜歯を伴う歯列矯正で改善する場合

抜歯を行う場合は全体矯正となります。治療期間や費用は非抜歯の場合と同程度ですが、加えて抜歯の費用が約5000円~2万円ほどかかります。

外科矯正を行う場合

アゴの骨を切る手術は、全身麻酔によって行いますので、入院が必要となります。上あご・下あごのみか、上下両方か、その他の追加手術の有無などにより費用が変わります。

大まかな治療の流れと期間は「術前矯正(約半年~1年半)→入院・手術(約2~3週間)→術後矯正(約半年~1年半)→保定(1~2年)→アゴの骨に装着したプレート除去手術・入院(約1~3週間)(行わない場合もある)」となります。

費用については、矯正治療費に加えて、手術入院費用が約100万円~200万円ほどかかります。合計するとおおよそ150万円~300万円ほどになることが多いです。

しかしながら、外科矯正は条件を満たせば保険適用可能となります。費用をかなり抑えることができますが、矯正方法などに制限がございますので、ご検討される方は担当医とご相談してみてください。

参考リンク:矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは | 公益社団法人 日本矯正歯科学会 (jos.gr.jp)(外部リンク)

※これらはあくまで目安であり、治療の期間や費用は個人差があります。ご自身が歯列矯正をする際の正確な治療期間や費用などを詳しく知りたい場合、アットスマイル矯正の無料カウンセリングにてご相談してみてください。

無料カウンセリング予約


Eラインの改善にはマウスピース矯正?ワイヤー矯正?

Eラインを改善するための治療は、マウスピース矯正でもワイヤー矯正でもどちらでも可能です。

歯列矯正は、きちんと継続することが成功のコツですので、ご自身のライフスタイルなども考慮し、矯正方法を選択しましょう。マウスピース矯正とワイヤー矯正の特徴についてはこちらのコラムも併せてご覧ください。

関連記事:マウスピース矯正とワイヤー矯正はどちらが効果的?メリット・デメリットを一覧でご紹介

ただし、歯並びの状態によってはマウスピース矯正では対応できない場合があります。担当の歯科医師とご相談ください。また、マウスピース矯正の種類によっては抜歯矯正に対応していないものもございますので、予め確認しましょう。

関連記事:マウスピース矯正ができないケースとは?画像と共に分かりやすくご紹介します。

Eラインは自力で作れる?

まず第一に、骨格や歯並びを自力で変えようとすることはやめましょう。指や器具で押したり、割り箸をかむなど、むやみに力をかけると、力がかかりすぎて歯の根が短くなってグラグラしてきたり、歯の神経が死んでしまう恐れもあります。

そんな中でも口元からEラインをキレイに見せるために、ご自身でできることがありますのでご紹介します。

1.口呼吸をやめて鼻呼吸をしましょう

歯並びは、舌による内側からの圧力と、頬や唇の筋肉による外側からの圧力のバランスで決まります。

舌は、上あごにくっついているのが正常な位置なのですが、口呼吸をすると上あごからは離れ、下へ下がったり前へ押し出たりしてしまいます。また、口呼吸でお口が開きっ放しだと、唇による圧力もなくなり、これらのことが歯を前に押し出してしまう要因になります。

また、舌はもちろん、お顔周りの筋肉も緩むため、この状況が長く続くとアゴの発達にも影響を及ぼしてしまうのです。

こうしたことから、口呼吸は歯並び、そしてEラインを崩してしまう一因と言えます。

お子さんの場合、今後の歯並びのためにも、なるべく早く口呼吸をやめましょう。同時に、指しゃぶりや爪を噛むなど、歯並びに影響する癖をやめることも大切です。

大人の場合ですと、すでに骨格や歯並びは出来上がってしまっているため、それを変えていくには治療が必要です。しかし、根本的な問題がそのままでは、治療効果に影響したり、治療後の後戻りなども懸念されます。できれば治療前や治療と並行して、口呼吸をやめるトレーニングを行っていきましょう。

鼻呼吸になってお口が閉じるようになると、唇にも圧力がかかり、唇が薄くなってEラインの改善にも繋がります。

2.お口周りのトレーニング

先ほどお話しした口呼吸をやめるためには、まず舌の筋力を鍛えることが必要です。

また、お口周りや顔の筋肉を鍛えると口角が上がり、笑顔を作るのが上手になります。笑顔になると、アゴが少し前に出て口元が少し引っ込み、普段よりEラインがキレイに見えます。

こういったお口周りや顔のトレーニングは、MFT(口腔筋機能訓練)や表情筋トレーニング、スマイルトレーニングとして指導を行っている歯科医院もありますので、ぜひチェックしてみてください。

3.よく噛んで食べましょう

最近の若い方が、顔が細く、アゴが小さくなってきているのは、あまり噛まなくても食べられるような柔らかい食事が増え、噛む回数が減ったことが一つの理由とも言われています。

普段からよく噛んで食事をとり、アゴの筋肉をしっかり使うようにしましょう。

Eライン治療がうまくいくコツ

歯列矯正治療において、Eラインの改善を希望しているのであれば、何よりもまず、ご自身がどの程度、どんな風にEライン・横顔を改善したいのかを明確にすることが大切です。

そしてそのご意向を担当の歯科医師としっかり共有しましょう。

例えば、口元を引っ込めるといっても、大きく引っ込めすぎると、お顔全体が寂しい印象になってしまうこともあります。

このように、ご意向を共有することは、治療のゴールを決めていくうえでとても大切なことなのです。

その上で、治療の方法や適性について詳しく相談をしていきましょう。

まとめ

今回は、歯列矯正とEラインの関係や治療方法についてご説明いたしました。Eラインが気になるという方は、以下の口元パターンのうちのどれかに当てはまることが多いです。

  1. 出っ歯
  2. 上下額前突
  3. 下あごが小さい・引っ込みすぎている
  4. 出っ歯
  5. 口元が引っ込みすぎている

歯列矯正で歯やあごの位置、傾きなどを治療することによって、Eラインが改善できる場合があります。(個人差があります。)

治療方法は症状の程度によって、ごく軽度であれば非抜歯で、大きく口元を引っ込める場合には抜歯を伴うことが多いです。

また、マウスピース矯正・ワイヤー矯正どちらでも治療可能ですが、マウスピース矯正には適応できない歯並びなどがありますので、担当医とご相談ください。

骨格に異常がある場合、Eラインを改善するには外科矯正が必要になる場合もあります。

ただし、歯列矯正によってEラインを改善できる範囲には限度があります。ご自身が望む完璧なEラインを作るためには、歯科領域では対応できないこともあり、美容外科などへの相談が必要な場合もあることを念頭に置いておきましょう。

歯列矯正でご自身のEラインがどの程度変わるのか、どのように治療するのかなど、気になる方はぜひ一度アットスマイル矯正の無料カウンセリングにてご相談ください。

無料カウンセリング予約


マウスピース矯正は「アットスマイル」
  1. 透明なマウスピースで目立たない矯正
  2. 世界34カ国以上で使われているマウスピース「クリアコレクト」を採用
  3. 初回相談0円。矯正費用の目安は30~60万円

アットスマイル矯正HP


アットスマイル矯正の矯正事例

アットスマイル矯正では出っ歯やガタガタの矯正はもちろん、奥歯のかみ合わせの矯正にも対応しています。

治療内容:透明なマウスピースによる目立ちにくい歯列矯正です。
※千円以下の端数がある場合は、切り上げています。
※費用は治療当時の料金となります。
※自由診療となり保険は適用されません。
※歯並びによってはマウスピースによる治療が出来ない場合があります。

主なリスクと補足事項:
・歯の動きやすさには個人差があります。
・正しい装着方法で決められた時間以上装着しない場合は治療期間が長くなる可能性があります。
・咬合、歯肉退縮、歯根吸収等が発生する可能性があります。
・矯正箇所が元に戻る(後戻り)場合がありますので、治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
・装置装着後と通院における装置調整後は1~3日ほど痛みを伴うことがあります。
・歯の移動が大きい症例などには不向きです。

症例をもっと見る

SHARE

アイコン LINEで相談 アイコン 無料
カウンセリング予約