歯列矯正

歯の矯正をすると顔が変わる?顔が変わりやすい歯並びってどんなもの?

SHARE
更新日: |
公開日:
アイキャッチ

歯列矯正を行うことで顔つきが変わる人はいます。

それは歯並びが口元やフェイスラインの歪みに関係しているため。嚙み合わせが良くなることで顔の筋肉のバランスが整う事もあります。

今回は歯列矯正によってどんなふうに顔が変わるのか、どんな歯並びだと顔が変わりやすいのかをご紹介します。

※ご紹介する内容はあくまで一例です。歯列矯正による顔の変わりやすさや変わり方には個人差があります。

目次

歯を矯正するだけで本当に顔が変わるの?どこが変化する?

Eラインが整い横顔が美しく見えることがある

横顔の美しさの目安として「Eライン」があります。エステティックラインとも呼ばれていて、横から顔を見たときに鼻先とアゴの先(オトガイ)を結んだものです。

矯正歯科では、このEラインを理想的な横顔と定めて治療を行うことが大半です。

成人した日本人の場合、上唇がEラインの線上あるいはやや内側にあり、下唇がほぼEライン上にあるのが美しいと言われています。

出っ歯や受け口ではEラインが特に崩れやすいです。上の歯や下の歯が前に出ていると、唇がEライン上から外れるからです。

歯並びを整えることで唇の位置を限りなくEラインに近づけられる場合があり、横顔に変化がでる事もあります。※個人差があります。

関連記事:歯列矯正で横顔は変わる?タイプ別に変わりやすい人・変わりにくい人をご紹介

関連記事:歯列矯正でeラインが改善できるケース・できないケースとは?治療がうまくいくコツもご紹介

フェイスラインが整うことがある

※画像はイメージです

歯並びやかみ合わせを整えることによって、顔の輪郭がシャープになる事があります。

具体的には下顎が内側に引っ込んで顎がないように見える人の場合、歯列矯正を行うことでアゴが出来てシュッとした印象になることが多いです。

また、歯並びやかみ合わせを整えることでしっかりと噛むことができるようになります。顔の筋肉が正しく使われるようになり、美しいフェイスラインを維持しやすくなります。

※歯列矯正による顔の変わりやすさや変わり方には個人差があります。

スマイルラインが整うことがある

※画像はイメージです

口角を上げながらニコッとしたに見える、上の前歯の先端を重ねた線のことをスマイルラインといいます。このラインが下唇のラインにそって緩やかなUカーブを描いていると微笑んだ時に顔全体の印象がよくなります。

歯並びがガタガタだったり、歯と歯の隙間が多い歯並びはスマイルラインが崩れます。歯列矯正を行うことで、スマイルラインが整って笑顔が美しく見える事があります。

また、今まで上手に働いていなかった表情筋が歯列矯正によって正しく使われるようになり、口角が上がりやすくなる事も。

歯並びが綺麗になって微笑みやすくなったというお話もよく聞きます。 

エラ張りが取れることがある

歯列矯正でかみ合わせが整うと、顔の筋肉のバランスも整うため、余計な筋肉がなくなってエラ張りの悩みが解消される場合があります。

骨格が原因のエラ張りは歯列矯正だけでは治りませんが、歯並びと噛む筋肉のバランスが原因の場合は歯列矯正で改善する可能性があります。

関連記事:歯列矯正でエラ張りが改善しやすいケースとは?実は骨格だけが原因じゃないんです。親知らず抜歯についても解説

顔の歪みが取れることがある

※画像はイメージです

 ガタガタの歯並びの場合、歯の並び方だけではなく噛む位置が左右で違うために顔が左右非対称に歪んでしまうことがあります。歯列矯正でかみ合わせが改善するとバランスが整って左右対称になり、歪みのない顔貌に改善する可能性があります。

顔が歪む原因の一つとして、片側の歯ばかりで噛んでしまうからということが挙げられます。普段から左右均等に噛むように心がけましょう。

関連記事:顔が歪んでいるのは歯並びのせい?歯列矯正で改善することはあるの?

顔が小さく見えることがある

アゴが出ていたり上手く口が閉じない顔貌の場合、自然と面長の顔つきになりやすいため、歯列矯正でしっかり口を閉じることができるようになるとそれが改善されて小顔に見えるときがあります。※個人差があります。

また、これは一般的な話ではないかもしれませんが、歯列矯正に手術を取り入れて行ったケースでは骨を直接削って骨格を変化させるため、顎が短くなって顔が小さくなることもあります。

関連記事:歯列矯正が小顔に繋がるケース3選 | 小顔になる人は多い?少ない?

歯列矯正でほうれい線や人中が目立つようになるって本当?

※画像イメージです

歯列矯正をしたらほうれい線や人中(鼻と唇の間にある縦の溝のこと)が目立つようになってしまったという話を聞いた人もいるかもしれません。

結論から言うと、そういったケースも存在しますが非常に稀です。歯列矯正が皮膚にまで直接影響を及ぼすことはほぼないのです。歯列矯正を行うことでほうれい線や人中が目立つようになる場合もあれば、改善する場合もあるので必要以上に心配する必要はありません。

ほうれい線や人中が目立つようになるケースはなぜ起きるの?

日本人の骨格は、歯の大きさに対してアゴのサイズが小さいのでガタガタの歯並びになりやすいと言われています。ですから歯列矯正を行う際には、歯を並べるスペースを作るために抜歯をして治療を進めるケースが多いです。

出っ歯や八重歯の歯列矯正で抜歯を行った場合、スペースが出来たことで歯を必要以上に後ろに下げてしまい、上アゴも大きく後退してほうれい線が目立ってしまうことがあります。

ですがこれは治療前に綿密なシミュレーションを行い、適切な歯並びになるように調整すれば何の問題もないのです。

抜歯したからといって必ずほうれい線ができてしまうわけではありません。

スペースが足りないのに歯を抜かずに無理やり歯を並べようとした場合、歯が外側に向かってしまい前歯が前方にずれてしまうことで人中が伸びたように感じるケースもあるからです。

抜歯をするか、非抜歯で治療を進めるのかは慎重に判断する必要があります。

できることなら抜歯はしたくないと思いますが、抜歯しなければ歯並びが整わないだけではなく、顔立ちのバランスが崩れてしまうケースもあります。抜歯が必要かもしれないと医師から打診されたときには、納得がいくまで抜歯するかどうかの検討をするのがいいでしょう。

ほうれい線や人中が目立つようになってしまったときにはどうしたらいいの?

画像はイメージです

歯列矯正でほうれい線や人中が目立つようになるのはごく稀ですが、もし目立つようになってしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

ほうれい線や人中は顔の筋肉の衰えやゆるみによって深くなっていくことが多いです。

表情筋の7割は口周りの筋肉につながっているため、表情筋のトレーニングで口周りの筋肉を鍛えることでほうれい線や人中を改善できる可能性があります。

様々な表情筋のトレーニングがありますが、歯科領域では口腔筋機能療法(MFT)といって舌・口唇などの口周りの筋肉の不調和を改善し、歯並びに影響する筋圧のバランスを整えることを目的としたトレーニングがあります。口周りの筋肉を正しい状態にしてあげることで、ほうれい線や人中の改善にも効果が期待できます。

ほうれい線や人中が改善されるケースもあります

※画像はイメージです

 歯列矯正によってほうれい線や人中が改善されるケースもあります。

出っ歯や八重歯など口元が突出している歯並びの場合、もともと口とほっぺの境が強調されやすくほうれい線のように見えていることがあります。特にその中でも唇を伸ばさなければ口を閉じられないタイプの歯並びの人は、人中が目立ちやすいです。

歯列矯正によって前歯を後ろに下げることで口元も引っ込み、ほうれい線がなくなったように見えたり、人中が短く目立たないようになる事もあります。※個人差があります。

顔が変わりやすい歯並びはある?

歯列矯正を行うことで顔が変わる場合が多いですが、必ずしも変化するわけではありません。

この項目では、どんな歯並びだと顔が変わりやすいのか、そしてどういうふうに顔が変化するのかをご説明します。※ご紹介する内容はあくまで一例であり、変化を保証するものではありません。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯の場合、口元が突出しているので唇がEラインを超えて、顔の下半分の主張が強いことがあります。また、唇を閉じたときに完全に閉じるのが難しいため鼻の下から唇までの長さが強調され、面長の顔つきになりやすいです。

歯列矯正を行うことで歯が引っ込むので唇の突出感もなくなり、Eラインも整う可能性があります。

また、唇が正常な位置に戻り、口を閉じやすくなるため鼻の下から唇のラインが短くなって顔の下半分が小さくなったように見えることもあります。
※個人差があります。

受け口(下顎前突)

受け口の場合、下の前歯が大きく前に傾いていたり、アゴが前に出ているためEラインが崩れることが多いようです。

歯列矯正をすることで、下アゴが引っ込められ横顔がすっきり見える事があります。※個人差があります。

深いかみ合わせ(過蓋咬合)

深いかみ合わせの場合、かむ力が強い人が多いです。唇が突出し、かむ筋肉が発達しているのでエラが張っている上アゴが短いことが多く横顔が崩れやすくなります。

歯列矯正によって深いかみ合わせが治ると、上唇が後ろに下がって、下アゴの先が下方に引き延ばされて顔貌が改善する場合があります。※個人差があります。

八重歯・ガタガタ(叢生)

八重歯や叢生の人はガタガタの歯並びのせいで口元やほっぺが突出している方が多いです。

歯列矯正を行うことで出ていた口元が引っ込むことがあります。また、歯のラインが整うことで理想的なスマイルラインに近づきます。

また、八重歯で犬歯(糸切り歯)が出ていた人はその部分の唇とほっぺが引っ込む事もあり、フェイスラインが改善されることがあります。
※個人差があります。

矯正中に顔が変わる場合も!

矯正後だけではなく矯正中にも顔が変わる場合があります。なぜ矯正中に顔が変わる可能性があるのでしょうか?その理由について3つご紹介します。

矯正治療での食事制限

ワイヤー矯正を行った際にガムやソフトキャンディ、餅などくっつきやすい食べ物を食べるとブラケットが歯から取れてしまう場合があります。治療中はそういった食べ物は避けるように指導されることが多いです。

また、矯正装置を装着した痛みで食べ物を噛むのが難しくなる場合があり、細かく切ってゆっくり時間をかけて食事を行うため、満腹感を得やすくなって結果食べる量が減って痩せることがあります。

矯正装置の装着による食欲減退

矯正装置、特にワイヤーを装着すると異物感や痛みが強く、食欲が減退することがあります。食べ物を噛むときの痛みや歯が動く痛み、ワイヤーが口の中の粘膜に当たる痛みが起こりやすく、食べる気力がなくなってしまうようです。

食べるときに痛むのが嫌で間食を避けて食べる量が減り、胃が小さくなって結果的に食べる量が減ることで痩せて顔もスリムになることがあります。

矯正装置による痛みによって、あまり噛まなくても食べられるもの(ゼリー、ヨーグルト、すりおろしたりんご)などを食べる機会が増え、1日の摂取カロリーが減ってダイエットに繋がります。

生活習慣の変化による間食の減少

ワイヤー矯正の場合、装置を装着すると食べ物が器具の間にたいへん挟まりやすくなります。そのまま放置しておくと虫歯になりやすいため、こまめな清掃が必要になります。

間食のたびに歯磨きをするのが面倒だと思って間食を控えることで、食べる量が減って痩せる人が多いようです。

また、マウスピース矯正の場合も食事のあとには虫歯にならないよう歯磨きをしてからマウスピースを再度装着する必要があります。

ワイヤー矯正と同様、歯磨きする手間を煩わしいと思って間食が減るケースが多く、矯正中は間食が少なくなる傾向があります。

まとめ

歯並びは骨格や歯の状態によって一人ひとり違います。歯列矯正によって顔が変わるかどうかは個人差がありますので確実ではありません。

ですが歯並びが整うことで笑顔が増えた方や、かみ合わせが改善されることで顔の筋肉のバランスが整ったケースもあります。実際に矯正を行って良かったという声をよく聞くのも事実です。

治療を行うことで歯並び以外のコンプレックスも解消される可能性がありますので一度、歯列矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

もし矯正を始めようと思っているけれど、顔立ちが変わることに不安を感じるのであれば、担当医に事前カウンセリングでしっかりと相談し、納得したうえで治療を進めるようにしましょう。

@smileでは無料のカウンセリングをご用意しています。歯科医師への相談はもちろん、ご自身の矯正シミュレーションの確認も無料でできます。気になる方は是非チェックしてみてください。

無料カウンセリング予約


SHARE

アイコン LINEで相談 アイコン 無料
カウンセリング予約