歯列矯正

歯列矯正で横顔は変わる?タイプ別に変わりやすい人・変わりにくい人をご紹介

SHARE
更新日: |
公開日:
アイキャッチ

歯列矯正で自分の横顔が変わるのか気になりますよね。今回は横顔が改善しやすい歯並びにはどんな歯並びがあるのか、実際に横顔がどう変化するのかをご紹介します。

歯並び別にご紹介するのでご自身がどのタイプかも合わせてご覧ください。

目次

横顔は歯列矯正で変えられる?

画像はイメージです

結論から言うと歯列矯正で変化するケースもありますし、そうではない場合もあります。

横顔が変わりやすいかどうかは、骨格や歯並び、かみ合わせの状態などによって決まります。

骨格が原因の場合は一般的な歯列矯正での改善は難しいですが、歯並びが原因の場合には横顔が変化するケースもあります。

※ご紹介する内容はあくまで一例です。治療方法や横顔がどの程度改善するかは個人差があります。担当医の指示・方針に従って治療を受けましょう。

※横顔を決める要因は歯並びだけではないため、症状によっては歯科矯正のみでは希望通りの横顔の改善が難しい場合もございます。その際は美容外科などへの相談もご検討ください。

【歯並び別】歯列矯正で横顔が変わりやすい人・変わりにくい人

タイプ1:出っ歯

下唇に比べて上唇が突出しているタイプに多い横顔です。

お口が閉じにくいと感じる人もいて、無理に閉じようとして口元や下顎が緊張し、口角が下がってしまったり、下顎に梅干しジワができてしまう場合があります。

歯列矯正を行うことで上の前歯が後退し、上唇が引っ込む可能性があります。

さらに、横顔の美しさの一つの基準である「Eライン」 が整う事も。緊張していた口元が改善してリラックスした顔貌になることもあります。

※変化の度合いには個人差があります。歯科矯正のみでは希望通りの横顔にすることが難しいこともあります。

関連記事:歯列矯正でeラインが改善できるケース・できないケースとは?治療がうまくいくコツもご紹介

タイプ2:口ゴボ(上下顎前突)

上下とも唇が突出しているタイプに多い横顔です。

上下の前歯がどちらも前に出てしまっているため、口元が閉じにくく下顎に梅干しジワができてしまう場合もあります。

骨格的には正常な場合が多く、歯並びの矯正で唇の突出感を改善することがあります。

※変化の度合いには個人差があります。歯科矯正のみでは希望通りの横顔にすることが難しい場合もあります。

※骨格性の上下顎前突は外科矯正が必要な場合もあります。

関連記事:歯列矯正で治る口ゴボ、治らない口ゴボとは?!美容整形とは違うの?

タイプ3:受け口(下顎前突)

上唇に比べて下唇が突出しているタイプに多い横顔です。

受け口には大きく分けて次の2つのタイプがあります。

  1. 上の歯並びに対して下の前歯が前に傾斜している、歯並びに問題があるタイプ
  2. 何らかの原因で下あごが上あごよりも大きく、骨格に問題があるタイプ

歯並びに問題があるタイプの場合は歯列矯正を行うことで下の前歯が後退し、下唇が引っ込んでEラインが整う可能性があります。

骨格的な問題があるタイプの場合は歯列矯正での改善は厳しいでしょう。外科的矯正が必要になることが多いです。

タイプ4:かみ合わせが深い歯並び

上の歯が下の歯に覆いかぶさるように深く噛みこんでいて、上下的に顎が短く見えるタイプの横顔です。噛む力が強い方が多く、エラが張っている症状が多くみられます。

下顎の先端が前に出てしまっていたり、歯並びによっては上唇が突出して見えることも。

かみ合わせの深さを改善することで下顎や上唇の位置が整う可能性があります。

タイプ5:前歯がかみ合わない(開咬・オープンバイト)

奥歯でしっかり噛んでいても上下の前歯がかみ合っていないタイプの歯並びです。上下的に開いてしまうため、横顔が面長に見えることが多いです。

口を閉じにくいことも多いため、無理に閉じようとして梅干しジワができてしまうことがあります。

このタイプの横顔の人は舌を前に出す癖や指しゃぶりなどの癖が原因である場合も多く、矯正用インプラントアンカーや口腔筋機能療法(MFT)を取り入れながら歯列矯正を行うと歯並びが改善しやすいです。

歯並びを改善することで口が閉じやすくなり、面長だった横顔が短くなることもあります。

骨格的に問題があって開咬になるケースもあり、その場合は外科的矯正が必要になってきます。

※変化の度合いには個人差があります。歯科矯正のみでは希望通りの横顔にすることが難しい場合もあります。

タイプ6:下あごが小さい・引っ込みすぎている

上唇が正常な位置にあるのに対して下唇、あるいは下顎が引っ込んでいるために、下顎がないように見えてしまうタイプの横顔です。

これは歯並びよりも骨格的な問題があるケースが多く、その場合一般的な歯列矯正のみでは改善が難しいでしょう。むしろ上顎の位置が正常なため、歯列矯正を行うと上あごが逆に後退してしまう場合があります。

歯並びと骨格の両方に問題がある場合には外科的矯正といって歯列矯正と外科手術を併用する治療方法が選択肢に入ります。外科的矯正の手術は口腔外科で行うことが可能です。

まとめ

歯列矯正で横顔が変化するかどうかは個人差が大きく、歯並びやアゴの状態、骨格の問題などによって変わります。

ご紹介した歯並びと横顔はあくまでも一例であり、当てはまる症状をお持ちでも横顔に変化がみられなかったり、まったく違った症状でも横顔が変わる場合があります。

アットスマイルでは、矯正中の歯がどのように移動するのか3Dシミュレーションを行っています。3Dシミュレーションは無料です。さらに矯正に必要な検査や歯科医との相談も無料!

歯列矯正を考えている方は、一度無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリング予約

アットスマイル矯正とは?


SHARE

アイコン LINEで相談 アイコン 無料
カウンセリング予約