歯列矯正

歯列矯正でほうれい線が変わるって本当?ケース別に変わりやすさを解説します。

SHARE
更新日: |
公開日:
アイキャッチ

歯列矯正では、皮膚の組織自体を直接変化させることはありません。

しかしながら、「歯列矯正をしたことでほうれい線の見た目が変わった」という声も、わずかながらに聞かれます。

どういったケースでほうれい線の見た目に変化を感じやすいのでしょうか?その真相を解説いたします。

目次

ほうれい線が目立ちやすい歯並び

次の歯並びでは、ほうれい線が目立ちやすい事があります。

  1. 出っ歯:上の前歯もしくは上あご自体が前方に突出している歯並びです。
  2. 上下顎前突:上下の前歯もしくは上下のあご自体が前方に突出している歯並びです 。
  3. 八重歯:歯列から飛び出てしまっている歯を指しますが、特に上の糸切り歯が前方に飛び出てしまっているケースが多いです。

なぜ、これらの歯並びでほうれい線が目立ちやすいのでしょうか?

理由1.口と頬の境界線が目立ちやすい

これらは口元が前に出やすい歯並びです。口元が前に出ていると、頬の部分と口周りの部分との差が大きくなり、その境界線であるほうれい線が目立ちやすくなります。

また、口を無理に閉じようとすると口周りの皮膚が伸び、それを繰り返すことでシワができやすい状態となります。

そして、笑ったりするときに上唇がめくれあがり、ほうれい線部分が折れて目立ちやすい場合があります。

理由2.口呼吸

口元が前に出た歯並びの場合、口が閉じにくく口呼吸になりやすいです。口呼吸だと口周りの筋肉があまり使われないため、筋肉が衰えてほうれい線ができやすくなります。

また、口周りが乾燥しやすいこともほうれい線ができる一因となりえます。

理由3.表情筋の衰え

歯並びやかみ合わせが悪いことでお顔や口周りの筋肉がうまく動かせず、衰えてしまうとほうれい線ができやすくなります。

また、歯並びが気になってお口を大きく動かせなかったり笑うことができなかったりすると、筋肉の衰えにつながります。

歯列矯正でほうれい線が薄くなりやすいケース

歯列矯正によってほうれい線が薄くなりやすいケースはどんなものなのでしょうか?実際に例を見ていきましょう。※下記のパターンでほうれい線が必ず薄くなる事を保証する内容ではありません。

歯列矯正によって口呼吸が改善されたとき

歯並びが原因となって口呼吸が起こることもあります。口呼吸は、お口周りの筋肉のゆるみや、お顔のたるみやシワにつながりやすいです。

歯列矯正によって口呼吸が鼻呼吸へと改善された場合、口周りの筋肉がよく使われるようになり、結果としてほうれい線が薄くなったと感じることもあります。

※口呼吸の原因は、必ずしも歯並びのみではありません。歯列矯正で口呼吸が改善されないこともあります。舌や口周りの筋力トレーニング、耳鼻科への受診などが必要な場合もあります。

出っ歯・上下顎前突・八重歯の歯列矯正

ほうれいが目立ちやすい歯並びである「出っ歯」「上下顎前突」「八重歯」。歯列矯正により口元の突出感が改善されると、頬の部分と口周りの部分との差がなくなったり口呼吸が改善することがあります。このように歯列矯正によって間接的にほうれい線の見た目が目立ちにくくなる場合があります。※必ずしもこれらの歯並びを治療すると、ほうれい線が薄くなるということではございません。

歯列矯正によって表情筋が使いやすくなったとき

ほうれい線を改善する方法の一つに、お口周りの筋肉を鍛えることが挙げられます。

かみ合わせが悪い状態ではうまく使われていなかった表情筋が、歯並びを整えることで正しく使われるようになります。さらに、口元に自信がつくと、思いっきり笑うことや大きく口をあける機会が多くなり、そういったことも表情筋を鍛えることにつながります。

歯列矯正でほうれい線が目立ちやすいケース

歯列矯正をきっかけにほうれい線が薄くなったと感じる方もいる一方、ほうれい線が濃くなったと感じるのはどんなケースなのでしょうか?実際に例を見ていきましょう。※下記のパターンでほうれい線が必ず濃くなる事を保証する内容ではありません。

出っ歯・上下顎前突・八重歯の歯列矯正

「出っ歯」「上下顎前突」「八重歯」などの歯並びは、前歯や糸切り歯が前方に出ていることで、鼻の下の皮膚がピンと引っ張られている状態になります。歯列矯正によって突出した口元を引っ込めると、皮膚が引っ張られることがなくなり、少し余ったような状態になることがあります。

非常にまれですが、その結果としてほうれい線が濃くなったように感じる可能性もあります。※必ずしもこれらの歯並びを治療すると、ほうれい線ができるということではございません。

矯正治療中にお口をあまり動かさなかったとき

矯正治療中は、痛みがあったり装置が気になったりしてあまりお口を動かさなかったり、食事も柔らかいものが中心となることが多いです。その結果、お口周りの筋肉が衰えてしまい、皮膚のたるみやほうれい線が気になってくることがあります。

この場合は治療終了後、お口を動かす機会が増えるとともに改善する可能性があります。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線は顔の骨格や筋肉なども影響し、個人差が大きいものです。さらに年齢を重ねるとともに目立つようになる傾向があります。

ほうれい線ができる主な原因は、お顔、特にお口の周りの皮膚の「たるみ」にあります。その要因は次の3つです。

①真皮の衰え

真皮を構成するコラーゲンやエラスチンは、皮膚を支え、肌の弾力を保つために欠かせない成分です。 

コラーゲンやエラスチンは、加齢や紫外線・乾燥・喫煙・ストレスなどのダメージによって減少します。その結果、皮膚のたるみやほうれい線ができやすくなります。

②表情筋の衰え

顔には30種類以上の筋肉があり、骨と皮膚でつながっています。

そのため、多様な表情をつくることができるのですが、一方で、皮膚を支える表情筋が衰えると、たるみやほうれい線の原因となってしまうのです。

笑顔が少ない・あまり表情を変えない・口数が少ない・柔らかい食事など、あまり表情筋を使わないことで衰えてしまいます。

③皮下脂肪の変化

お顔の皮下脂肪が増えたり、支えきれなくなるとたるみが発生します。特に頬は、お顔の中でも皮下脂肪が多く、ほうれい線に影響します。

歯列矯正でほうれい線ができるのを防ぐ3つの方法

事前に医師と相談する

歯列矯正をする前に、ほうれい線についても気にしていることを、歯科医師にしっかりと伝えておきましょう。

ほうれい線が心配で歯列矯正を躊躇っているという方は、まず一度カウンセリングで歯並びやかみ合わせの状態を確認してもらうことをお勧めします。個人差が大きいですので、より具体的な診断を受けましょう。

アットスマイル矯正なら無料でレントゲン撮影などの精密検査や、矯正歯科医と無料相談できますよ。

無料カウンセリング予約

表情筋を鍛える

ほうれい線はエクササイズなどで表情筋を鍛えることで、予防・改善することができます。

歯列矯正中でもできるエクササイズをご紹介します。

口を閉じたまま、頬の内側をなぞるように舌を大きく回します。右回りと左回りを各10~20回ずつできると効果的です。

また、口腔筋機能療法(MFT)という、口周りの筋肉の正しい動きをトレーニングする、専門のプログラムを実施している歯科医院もありますのでチェックしてみてください。

保湿ケアを念入りに

肌の乾燥はシワやたるみの原因であり、ほうれい線にもつながります。毎日のスキンケアにおいて、しっかりと保湿を行うことがほうれい線の基本的な対策です。

まとめ

歯列矯正によって、ほうれい線が大きく変化するケースはごくまれです。ほうれい線ができる要因は、加齢や肌の乾燥などさまざまであり、一概に歯並びや歯列矯正が影響しているとは言い切れません。

歯列矯正でほうれい線に変化を感じたケースは、表情筋の変化によることが多いです。

また、矯正治療の期間は約1~2年間と長いので、単純にその間の加齢によって、ほうれい線やシワが目立つようになる場合もあります。

歯列矯正を始めるにあたっては、治療の目的や内容をしっかり理解し、納得した上で進めていくことが大切です。

アットスマイル矯正の無料カウンセリングでは、歯科医との相談はもちろん、検査や3D矯正シミュレーションも行っています。

歯列矯正を考えている方は、本当に納得してから治療を始められるように、ぜひ一度ご相談してみてください。

無料カウンセリング予約

SHARE

アイコン LINEで相談 アイコン 無料
カウンセリング予約