歯列矯正

フェイスラインは歯列矯正で変わる?輪郭が変化するのはどんな人?

SHARE
更新日: |
公開日:
アイキャッチ

歯列矯正をすると、フェイスラインが変わると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

歯並びが変わると口元の印象が変わるので、フェイスラインが変化しやすいのは確かです。

今回のコラムでは、以下の3つについて詳しく解説します。

  • どのような歯並びでフェイスラインが変わりやすいのか
  • 抜歯と非抜歯ではフェイスラインの変化に違いはあるかどうか
  • フェイスラインに効果があるトレーニングとは?

※歯列矯正はあくまで歯・アゴ・口周りの治療なので理想通りのフェイスラインになるとは限りません。理想通りにしたい場合は美容外科の受診をご検討ください。


目次

フェイスラインが変わりやすい人はどんな人?

出っ歯・口ゴボ

出っ歯・口ゴボはどちらも歯が前に出ていることが原因で口元がもこっとして見えやすい歯並びです。唇を閉じようとすると余計な力がかかるため、フェイスラインも崩れてしまいがち。

アゴの大きさに問題がなく、歯が前に出ていることが原因の場合の出っ歯や口ゴボは、前に出てしまっている歯を後ろに下げることで口元も引っ込みます。

そのため、フェイスラインも同時にスッキリすることが多いです。

アゴの大きさや骨格が原因の出っ歯や口ゴボの場合、歯並びを矯正するだけでは口元は引っ込まない可能性が高く、外科手術が必要になるケースもあります。

ガタガタの歯並び

八重歯・らんぐい歯といったガタガタの歯並びの場合、デコボコした歯の部分が唇に当たってその部分だけもこっと膨れたり口元が歪みやすくなります。

歯列矯正によって、デコボコしていた歯並びを真っ直ぐ綺麗に整えることで口元の歪みも改善し、フェイスラインも自然と整うケースが多いです。

受け口

受け口の場合、下アゴや下の歯が前に出てしまっているため、しゃくれの状態に陥りやすく、当然フェイスラインも崩れます。

受け口の原因は「アゴの大きさに問題があるケース」と「下の歯が全体的に前に出てしまっているケース」に分かれます。

アゴの大きさに問題があるケースの大多数は外科手術でアゴの大きさを調整する必要があります。

下の歯が前に出ている状態の受け口は、歯列矯正で歯を引っ込めることで横顔が整います。噛み合わせも改善するため、フェイスラインも自然な位置に落ち着きます。

正中のズレ・交叉咬合

歯の真ん中の位置が上下でズレていたり、一部だけ噛み合わせが上下反対になっているようなケースでは左右のバランスが悪くなりやすく、顔が歪んでフェイスラインも左右非対称になりやすいです。

歯列矯正で歯並びを整えると同時に、噛み合わせを整えることで、左右のバランスが正常に戻ります。その結果フェイスラインも綺麗に整いやすいです。

深い噛み合わせ・エラが張っている

噛み合わせが深いと噛む力が強い傾向にあり、噛むための筋肉である咬筋が発達しやすいです。咬筋は頬からエラに沿って存在するため、噛む力が強いとエラが張ってくる傾向があります。

歯並びが原因で、筋肉が発達してエラが目立っているケースの場合、歯列矯正で深いかみ合わせを改善することでエラ張りが解消されやすく、フェイスラインの改善も期待できます。

骨格が原因のエラ張りは歯列矯正のみでの改善は難しく、美容外科への相談が必要になることもあります。

エラ張りと歯列矯正についてはコチラで詳しく解説しています。是非チェックしてみてくださいね。

関連記事:歯列矯正でエラ張りが改善しやすいケースとは?実は骨格だけが原因じゃないんです。親知らず抜歯についても解説

フェイスラインが変わるのは抜歯したときだけ?非抜歯でも変化は期待できるの?

歯列矯正では、抜歯をしなければならないと思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに抜歯をすることで、歯をきれいに並べるためのスペースが十分にできるので、フェイスラインも変化しやすいです。

しかし、歯を抜かない非抜歯矯正ではフェイスラインが歪んだままかというと必ずしもそうではありません。

噛み合わせがズレていることで顔が歪み、フェイスラインも歪んでしまっているような歯並びの場合は、噛み合わせを整えることでフェイスラインの変化も期待ができます。

非抜歯だからといって諦める必要はないのです。

歯列矯正は個人差が非常に大きいです。歯並びや骨格によって抜歯が必要になるのか、非抜歯でも矯正治療が可能なのかは、一人ひとり異なります。

どれだけフェイスラインが変化するかも個人によって違います。

個人差が大きいので、実際にクリニックにいって歯科医師にご相談することがオススメです。ネットで似た症例を探すよりずっと早く答えをもらえます。自分が思っていた印象とは別の診断結果になる事もけっこう多いです。

アットスマイル矯正では歯列矯正について矯正歯科医に無料相談できるので、ぜひ活用してみてください。

無料カウンセリング予約

関連記事:歯列矯正って抜歯するの?抜歯しなくていい歯並びはある?

なぜフェイスラインが変化するの?

Eラインが綺麗になりやすい

美しい横顔の基準とされているEライン。矯正を始める前はこのEラインが崩れていることが多いです。

歯列矯正で歯並びが改善することによって口元が変化するため、Eラインが変化してフェイスライン全体も引き締まりやすいです。

歯列矯正とEラインの関係は下記のコラムに詳しくご紹介しています。

関連記事:歯列矯正でeラインが改善できるケース・できないケースとは?治療がうまくいくコツもご紹介

かみ合わせが良くなり、顔の歪みが改善しやすい


矯正前は正しい位置よりも前で噛んでしまっていたり、後ろでかんでしまっていることが多いです。左右のバランスが悪いことも多く、片側に負担がかかって顔が歪みやすくなります。

歯列矯正によって噛み合わせが正常な位置に戻ると、顔の歪みが改善されやすく結果的にフェイスラインも整います。

ダイエット効果も期待できる

歯列矯正中はワイヤー矯正・マウスピース矯正のどちらかに限らず食事に対する意識が変わりやすいです。

ワイヤー矯正の場合、歯に金具を装着したまま食事をするので食べ物が挟まりやすく、食事後の歯磨きを丁寧に行う必要があります。歯磨きするのが煩わしくなり、食べる量が少なくなって痩せたという話をよく聞きます。また、ワイヤー調整直後は歯を動かすためにワイヤーにかかる力が強く、歯が痛むので、食事をしたくなくなるといった場合も。

マウスピース矯正の場合はマウスピースを外して食事ができるので、ワイヤー矯正のように金具に物が挟まることはありません。しかし、飲食をしたあとは虫歯予防のために歯磨きを行うことが必須です。そのため「食べたり飲んだりしたときにいちいち歯磨きをするのが面倒」と感じる人が多く、結果間食が減ってダイエットに繋がりやすいです。

食事量が減って痩せると二重顎やたるみが改善されやすく、フェイスラインも自然とスッキリすることが多いのです。

自分でできる!フェイスラインに効果があるトレーニング方法

舌トレーニング

①アゴを突き出した状態で舌先を鼻につけるようなイメージで上に伸ばします。

②舌がこれ以上あがらないというところで60秒キープします。

③今度はアゴ先につけるようなイメージで舌を下に伸ばして60秒キープを。こちらもアゴを突き出したまま行います。

④同じようにアゴを突き出したまま前、右、左に舌を突き出して60秒キープしましょう。

⑤最後に口を閉じ、歯ぐきをなぞるように舌を回しましょう。右回りに15回、左回りに15回ゆっくりと行います。アゴを突き出したまま行うことを忘れずに。

このトレーニングを繰り返すことで舌に筋力がつき、フェイスラインをスッキリさせるだけではなく小顔や面長にも効果が期待できます。

歯列矯正中に行うことで更に効率のアップができるでしょう。

いきなり舌のトレーニングを行うと舌がつってしまうこともあるので、無理のない範囲でトレーニングをすすめましょう。

フェイスマッサージ

アゴの骨に沿って、アゴ先から耳たぶの後ろまで、ほどよい力で押しながらほぐしていきます。30秒程度ゆっくりと痛くないようにマッサージしてください。

舌の筋肉と繋がるアゴの筋肉のコリがほぐれることでフェイスラインが徐々に引き締まってきます。

まとめ

フェイスラインがどれだけ歪んでいるのか、歪んでいた場合には歯列矯正でどれだけ改善するかは一人ひとり違います。

同じような歯並びでも骨格やアゴの大きさによって輪郭が変化する度合は変わってきます。

歯列矯正による審美面の変化については、アットスマイル矯正で無料相談できます。是非一度お気軽に予約してみてくださいね。

無料カウンセリング予約


SHARE

アイコン LINEで相談 アイコン 無料
カウンセリング予約