歯列矯正

歯列矯正をすると奥目or出目はどうなる?歯並びとどんな関係があるの?

SHARE
更新日: |
公開日:
アイキャッチ

「歯列矯正と奥目・出目って関係あるの?」と疑問に思われた方も多いと思います。

結論から言うと歯列矯正で奥目や出目自体は変わりません。

ただし、歯列矯正を行って歯並びが整うことで、お口の周りが変化するだけではなく、顔全体のバランスが整って目の印象にも影響することがあります。

今回は以下の点について詳しく紹介します。

  • なぜ歯並びが改善すると奥目や出目に影響があるのか
  • なかなか知られていない奥目や出目が強調されやすい歯並びについて
  • 歯列矯正を行うと奥目や出目はどうなるのか

目次

奥目・出目って何?

奥目は通常よりも眼球が奥にくぼんで見える状態のことを指します。

横から見たときに目よりも眉毛が前に出ているように見え、相対的に目が引っ込んでいるように感じられるのが特徴です。

出目はその反対で、眼球が通常よりも前に出ている状態のことを言います。

目が前に出ているため、上まぶたが丸みを帯びて見えます。

顔のバランスにもよるので個人差はありますが、一般的には出目のほうが好印象を持たれる傾向があるようです。

歯列矯正で奥目や出目自体は変わらない

奥目や出目は基本的に、生まれつきの骨格で決まります。

そのため、歯列矯正で奥目や出目が直接的に変化をすることはありません。

ですが歯列矯正を行うことで、お口の周りのみならず、顔や全身のバランスが整って、目の見え方が変わったように見えることがあります。

その理由について詳しく解説します。

歯並びが改善すると目の印象が変わったと感じる理由

①かみ合わせが正しくなり左右の歪みが改善したから

歯列矯正を行うと、歯並びが整うだけではなくかみ合わせが整いやすくなります。

正しい位置でかむことができるようになると、顔の筋肉が左右均等に使われるようになるため、顔の歪みも改善しやすいです。

もちろん目の周りの筋肉にも影響があるので、奥目や出目が変わったと感じられる可能性があります。

②ダイエットに繋がったから

歯列矯正中は、矯正装置の違和感や痛みなどで食欲が減退する傾向があります。

食事をした後に細かく歯磨きをする必要があるため、面倒くささが勝って間食をしなくなる人が多いようです。

食事の量が減り、間食もしなくなるため自然と減量してダイエットに繋がります。

その結果、お顔全体がスッキリして目の印象が変わったように見えることがあります。

歯科医と無料相談してみる

歯列矯正で奥目や出目が直接的に変化をすることはありません。目元を本格的に変えるのであれば美容整形外科への相談が必要になります。ただ歯列矯正によって、モコっと出た口元が改善されたり噛み合わせが整うことで顔の印象が変わる可能性はあります。


アットスマイル矯正なら歯科医との初回相談が無料!

「歯列矯正で顔の印象はどうなる?」「費用や期間はどれくらい?」などのお悩みも、歯科医が回答してくれます。

アットスマイル矯正をチェックしてみる

アットスマイル矯正に行った人の声

奥目や出目が強調されやすい歯並び

全ての歯並びに当てはまるわけではありませんが、歯並びの状態が原因で、奥目や出目が強調されてしまうケースがあります。

どういった歯並びで、奥目や出目が強調されやすくなるのか、歯列矯正を行うとどう変わるのか解説します。

奥目が強調されやすい歯並び

①受け口

下の前歯や下アゴが通常よりも前に出ているせいで、アゴ先が強調されてしまい、相対的に目がくぼんで、奥目に見えてしまうことがあります。

下の前歯が出ているせいで受け口になっている場合は、歯列矯正によって歯が引っ込むと、下アゴが強調されにくくなります。その結果、奥目が改善したように感じることがあります。

下アゴの骨格の大きさが原因で受け口になっている場合は、歯列矯正のみでは改善が難しいケースがほとんどです。外科矯正や美容外科を検討する必要があるでしょう。

②過蓋咬合(深いかみ合わせ)

過蓋咬合は、奥歯をかみ合わせると上の前歯が覆いかぶさって、下の前歯が見えない状態の歯並びです。

かみ合わせが深いため、口を閉じるときに唇が前につぶれてしまうことが多いです。横から見るとムッと唇が突き出ているように見えるので、相対的に奥目が強調されてしまうことがあるようです。

歯列矯正でかみ合わせが浅くなると、突き出た唇が引っ込んだように見えるので、奥目にみられがちな状態を改善できることがあります。

出目が強調されやすい歯並び

①出っ歯・口ゴボ

出っ歯や口ゴボは通常よりも上の歯が前に出ている状態のため、横から見た際に目や鼻に凹凸がなく、出目のように錯覚することがあります。

上の前歯が出ているタイプの出っ歯・口ゴボの人が、歯列矯正を行うと、上アゴが引っ込むため横顔のバランスが整い、出目が改善したように感じやすいです。

上アゴの大きさや、上下のアゴの骨格的な不調和が原因の出っ歯・口ゴボでは、残念ながら歯列矯正のみでの出目の変化は、期待できないでしょう。横顔のラインをしっかり改善するなら、外科矯正や美容外科も検討する必要があります。

②オープンバイト(開咬)

オープンバイトのケースでは、前歯がかみ合っていないため、お顔全体が面長に見える傾向があります。

目より下、つまり中顔面から下の顔の長さが強調されやすく、目は出ているように感じられる場合があります。

歯列矯正を行うことで面長感が解消されると、自然と出目も目立ちにくくなりやすいです。

中顔面って何?と疑問に思われたら、コチラの記事も是非読んでみてくださいね。

関連記事:歯列矯正で中顔面は変わる?どんな歯並びが変化を感じやすい?中顔面を短く見せるコツもご紹介

奥目や出目がどうしても気になる人は美容整形外科に相談を

奥目や出目は基本的に生まれつきの骨格、目の骨の位置や骨の凹凸に左右されます。

歯列矯正で相対的に奥目や出目が変わったように見える可能性はあるものの、直接的な変化は望めません。どうしても奥目や出目を治したい!と強く希望される場合は、美容整形外科の受診をオススメします。

まとめ

奥目や出目は骨格で決まるため、歯列矯正による直接的な改善は難しいです。ただ、歯列矯正を行うとお顔全体のバランスが整うことがあります。例えば口元のモコっと出た感じが減った分、目の大きさが目立つようになったりと目元の印象が若干変わる事もあります。

つまり、口元の悩みや顔の歪み、そのほか鼻の高さや目の大きさの印象にも影響を及ぼす可能性があるのです。

「歯列矯正で鼻の高さや目の大きさ自体は変化するの?」と気になった方もいるのではないでしょうか。

鼻の高さや目の大きさの変化に関してはコチラでより詳しく解説しています。

関連記事:歯列矯正で鼻が変わるのはどんな人?高さ・形の変化とその理由も解説します

関連記事:歯の矯正で目が大きくなる?実態と変わりやすいケースもご紹介します

歯並びを改善することで、顔の全体のバランスがどうなるのか。「自分ではよくわからない。どうしたらいいのだろう」と悩む人も多いでしょう。

一人で解決するのが難しいときは、クリニックに相談することも方法の一つです。

アットスマイル矯正では、歯科医師との相談が無料です。気になる方は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

アットスマイル矯正の矯正事例

アットスマイル矯正では出っ歯やガタガタの矯正はもちろん、奥歯のかみ合わせの矯正にも対応しています。

治療内容:透明なマウスピースによる目立ちにくい歯列矯正です。
※千円以下の端数がある場合は、切り上げています。
※費用は治療当時の料金となります。
※自由診療となり保険は適用されません。
※歯並びによってはマウスピースによる治療が出来ない場合があります。

主なリスクと補足事項:
・歯の動きやすさには個人差があります。
・正しい装着方法で決められた時間以上装着しない場合は治療期間が長くなる可能性があります。
・咬合、歯肉退縮、歯根吸収等が発生する可能性があります。
・矯正箇所が元に戻る(後戻り)場合がありますので、治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
・装置装着後と通院における装置調整後は1~3日ほど痛みを伴うことがあります。
・歯の移動が大きい症例などには不向きです。

症例をもっと見る


SHARE

アイコン LINEで相談 アイコン 無料
カウンセリング予約