歯列矯正

歯列矯正で中顔面は変わる?どんな歯並びが変化を感じやすい?中顔面を短く見せるコツもご紹介

SHARE
更新日: |
公開日:
アイキャッチ

歯列矯正で中顔面自体は変化しません。しかし矯正治療をすることで、相対的に中顔面の陥没感や面長感に変化を感じやすいことがあります。

どんな歯並びで変化を感じやすいのかだけでなく、中顔面を短く見せるメイクや髪型も一緒にご紹介します。

目次

中顔面ってどこのこと?

中顔面とは、目の上から鼻の下までの部分のことを指します。

鼻が高く口元が引っ込んでいると、中顔面が立体的に見えやすく、中顔面が短いと顔全体のバランスが整って見える傾向があります。

中顔面が変わったと感じやすい歯並び

出っ歯・口ゴボ

出っ歯や口ゴボの歯並びだと、口元がモコっと出てしまうので、鼻の下にある人中が伸びて長く見えることが多いです。

歯列矯正で口元の凸感が解消されると、自然と人中が短く見えやすく、相対的に中顔面が短く見える傾向にあります。

また、横から見たときも、口元が引っ込むことで中顔面にメリハリが出やすく、陥没感が改善したり、鼻が高く見えることがあります。

歯列矯正と鼻の高さの関係についてはコチラで詳しく解説しています。

関連記事:歯列矯正で鼻が変わるのはどんな人?高さ・形の変化とその理由も解説します

受け口

受け口の場合、下アゴが前に出ていることで、横から見たとき相対的に中顔面が陥没しているように感じることがあります。


受け口には大きく分けて2つのタイプがあります。

  • 歯並びやかみ合わせが原因で下アゴが出てしまっているタイプ
  • アゴの大きさの不調和が原因で下アゴが前に出ているタイプ

歯列矯正を行うことで下アゴが後ろに下がるのは、「歯並びやかみ合わせが原因のタイプの人」に限られます。

このタイプの受け口は、歯列矯正で歯並びが改善すると、下アゴが引っ込んで横顔のバランスが整いやすくなります。

その結果、相対的に中顔面に立体感が生まれることがあります。※個人差があります。

アゴの大きさの不調和が原因の場合、残念ながら歯列矯正のみでは受け口の改善は見込めず、中顔面の改善も難しいでしょう。

骨格に問題がある場合は外科的矯正や美容整形など、手術が必要になることがほとんどです。

骨格が原因の中顔面陥没や面長は、歯列矯正での直接的な改善が難しい

歯列矯正で相対的に中顔面が改善したように見えるのは、人中やアゴの位置の変化によってもたらされる場合がほとんどです。

中顔面を構成する骨、つまり目の周りや頬を構成する骨が原因で、中顔面が長くなってしまったり、陥没しているケースでは、骨格にアプローチして手術する必要があるでしょう。

歯列矯正はあくまで歯や口周りの治療なので、顔全体の骨格に変化をもたらすことは難しいです。その場合は美容整形などを検討する必要があります。

歯科医にタダで矯正相談してみる

歯列矯正で自分の希望が叶うかどうか分からない状態でクリニックにお金を払って相談するのは勇気がいりますよね。アットスマイル矯正なら歯科医との初回相談が無料!

「自分は歯列矯正でどうなる?」「費用や期間はどれくらい?」などのお悩みも、歯科医が回答してくれます。

アットスマイル矯正をチェックしてみる

アットスマイル矯正に行った人の声

中顔面が短く見える!中顔面短縮メイクや髪型をご紹介

「中顔面の長さが気になるけど、歯列矯正や美容整形は難しい…」

そんな方にオススメ!中顔面が短く見えるメイクや髪型のコツをご紹介します。

中顔面短縮メイクのコツ3選

①チークの入れ方に一工夫を

入れ方のコツは、以下の2つです。

  • 小鼻より下に入れない
  • 横方向にふんわりと丸く

チークを入れる位置と形を意識してみてくださいね。

②下まぶたにアイシャドウで涙袋を目立たせる

下まぶたにアイシャドウをのせて涙袋を目立たせることで、目の重心を下げ、中顔面を短く見せる効果があります。薄ピンクやコーラル系の明るいカラーを使うのがオススメ。

特にラメ入りシャドウにはハイライト効果もあるので◎

③アイブロウで眉を明るく、形はアーチ状に太く

眉の色が濃いと面長に見えやすいので、アイブロウを使って眉を明るくします。顔全体の印象が薄くなり、面長感をカバーできます。眉が濃い人は眉マスカラでメイクを。

また、眉を太くして重心を下げることで、顔のパーツが中心にきているように見え、小顔効果があります。

オススメのヘアスタイル2選

①前髪はおろす

前髪でおでこを隠すことで顔の面積を減らし、視覚的に面長感をなくします。

②サイドにボリュームでひし形シルエットを

サイドの髪の毛は中顔面の位置、ちょうど頬のあたり横幅が出るようにサイドにボリュームを持たせると、動きが出て小顔効果があります。

まとめ

中顔面は歯列矯正で直接的に変化するわけではありません。

ただし個人差はありますが、歯並びの悩みを解消することで相対的に中顔面が短く見えたり、横顔が立体的に見えやすくなる場合もあります。

歯並びでお悩みの方は、歯列矯正で口周りのバランスが整う事で中顔面のコンプレックスが目立たなくなるかもしれません。

アットスマイル矯正ならドクターに歯列矯正の無料相談ができます。ぜひご活用ください。

無料カウンセリング予約


アットスマイル矯正の矯正事例

アットスマイル矯正では出っ歯やガタガタの矯正はもちろん、奥歯のかみ合わせの矯正にも対応しています。

治療内容:透明なマウスピースによる目立ちにくい歯列矯正です。
※千円以下の端数がある場合は、切り上げています。
※費用は治療当時の料金となります。
※自由診療となり保険は適用されません。
※歯並びによってはマウスピースによる治療が出来ない場合があります。

主なリスクと補足事項:
・歯の動きやすさには個人差があります。
・正しい装着方法で決められた時間以上装着しない場合は治療期間が長くなる可能性があります。
・咬合、歯肉退縮、歯根吸収等が発生する可能性があります。
・矯正箇所が元に戻る(後戻り)場合がありますので、治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
・装置装着後と通院における装置調整後は1~3日ほど痛みを伴うことがあります。
・歯の移動が大きい症例などには不向きです。

症例をもっと見る

SHARE

アイコン LINEで相談 アイコン 無料
カウンセリング予約