歯列矯正

面長な顔は歯並びのせい?!歯列矯正で面長が改善するケース・しないケースを徹底解説します!

SHARE
更新日: |
公開日:
アイキャッチ

面長を解消したいと考える方は多いかもしれません。

実は、歯並びを治すと面長な顔立ちが改善したと感じる場合があります。歯並びと顔の長さとは関係がなさそうですが、どうしてなのでしょうか?

もちろんすべてのケースではありません。どんな歯並びだと歯列矯正で面長感が改善しやすいのか、それはどういった理由によるものかなどについて、詳しく解説していきます。

目次

面長に見えやすい顔の特徴

一般的に面長の人は、顔の横幅よりも縦幅が目立つという特徴があります。 特に「目の幅」が狭い人は面長な印象が強調されやすい傾向も。

縦長に見えやすい顔の特徴はいくつかありますので、ぜひ鏡の前でチェックしてみてください。

  1. おでこが縦に広い
  2. 目と眉の間が広い
  3. 目から口までが長い
  4. 鼻が長い
  5. 人中(鼻下)が長い
  6. アゴが長い

これらは、元々の骨格はもちろん、加齢に伴う骨の萎縮や皮膚のたるみが要因となってきます。それだけでなく、実は歯並びが関係しているケースも。次の項目で詳しくご紹介いたします。

歯列矯正で面長が改善しやすい歯並び

出っ歯・口ゴボ

出っ歯は、上の歯が前に突出している歯並び。口ゴボは、上下の前歯が前方に出て口元がモコッとしている歯並びです。

これらの歯並びの場合、口を閉じようとすると、歯に引っ張られて鼻の下が伸びやすいです。その結果、人中が長く見え、顔が縦に長く見えがちです。

歯列矯正を行って口元が後ろに引っ込むと、前歯によって人中が引き伸ばされることがなくなるため、人中が短くなったと感じる傾向があります。その結果、お顔全体の面長感も改善することがあります。

歯列矯正と人中の長さの関係については、コチラで詳しく解説しています。

関連記事:歯列矯正で人中が伸びるって本当?どんなケースでなりやすい?短くする方法はあるの?

オープンバイト(開咬)

オープンバイト(開咬)とは、奥歯でしっかり噛んでいても上下の前歯がかみ合っていないタイプの歯並びです。口元が上下的に開いてしまうため、面長になりやすいです。

歯列矯正によって口がしっかり閉じると、アゴが短くなったように見え、面長感が改善する場合があります。

歯列矯正と顎の長さについては、こちらのコラムでも詳しく解説していますので、併せてご覧いただくと分かりやすいです。

関連記事:歯並びを治すとアゴはどうなる?長さは?歪みは?ケースごとに変化を解説!

受け口

受け口の歯並びは、本来後ろにあるはずの下の前歯が、上の前歯より前に出てしまっています。そのため、下あごが長く見え、相対的に顔が面長に見えやすい傾向があります。

歯並びが原因で受け口となっている場合、歯列矯正でかみ合わせを整えることで、改善する可能性があります。

そして、前に出て強調されていた下あごが引っ込むことで、アゴはもちろん、お顔全体も短くなったように感じやすいと言えます。

(番外編)かみ合わせのせいで顔の筋肉がゆるんでいるケース

かみ合わせが悪いと、噛む力が弱くなったり、お口周りの筋肉がうまく使えていないことがあります。お口周りの筋肉がゆるんでいると、頬の皮膚がたるんで落ちてきやすく、そのせいで顔が面長に見えている場合もあります。

その場合、歯列矯正でかみ合わせが整い、お口周りの筋肉をしっかり使えるようになると、頬や口周りの皮膚のたるみが改善する可能性もあります。

併せて表情筋のトレーニングなども行うと、相乗的に効果が期待できるでしょう。

私の場合はどうなの?歯科医に無料で矯正相談してみる

歯列矯正についてよく分からない状態でクリニックにお金を払って相談するのは勇気がいりますよね。アットスマイル矯正なら歯科医との初回相談が無料!

「自分は歯列矯正でどうなる?」「費用や期間はどれくらい?」などのお悩みも、歯科医が回答してくれます。

アットスマイル矯正をチェックしてみる

アットスマイル矯正に行った人の声

歯列矯正で面長が改善できないケース

アゴの骨格自体が縦に長い場合

歯並びに関係なく、上あごの骨自体が縦に長いと、目から口までの距離(中顔面)が長くなりますし、下あごが長い原因が骨格そのものにある場合があります。

歯列矯正はあくまで、歯並びやかみ合わせにアプローチする治療ですので、骨格そのものの長さを変えることはできません。骨格の長さ自体を変えたい場合には、美容外科への相談が必要になります。

上下のアゴの大きさに骨格的な問題があると外科矯正が必要

そもそも、歯並びが悪くなってしまっている原因が、アゴの骨の大きさ自体にある場合があります。その場合には、歯列矯正のみでは治療が難しく、外科矯正を併用する必要があります。

「顎変形症」と診断された場合、保険診療で治療できることもあります。外科矯正か美容外科か、もしくは歯列矯正で治療できるのか知りたいという方は、まずは一度、矯正歯科医に相談してみると良いでしょう。

加齢による輪郭の変化

祖父母が昔より小さくなったと感じたことはありませんか?年齢を重ねると、骨は痩せ、小さくなります。もちろん顔の骨も同じです。

顔の骨が痩せてしまうと、その上に乗っていた皮膚が余って下に落ち、たるみとなります。

また、顔の筋肉の衰えや紫外線ダメージが蓄積されることなども、顔のたるみを引き起こします。

「昔より顔が長くなった」と感じるのは、加齢によって皮膚がたるみ、輪郭が縦に長く見えるようになったからです。

年齢とともに起こる骨や皮膚の変化は、歯列矯正では改善できませんので、美容クリニックへの相談が必要でしょう。

歯列矯正をして面長になることはある?

歯列矯正で面長感が改善するという一方で、顔が長くなったように感じるケースも考えられます。

過蓋咬合の矯正

過蓋咬合の方は、かみ合わせが正常よりも深いため、アゴが短く見える傾向があります。過蓋咬合の治療は、主にかみ合わせを高くするように行います。つまりその分、上下的なアゴの長さが長くなり、お顔全体も長くなったと感じることがあります。

また、過蓋咬合の方はかむ力が強いことが多いです。かむ力が強いと、咬筋が発達し、エラが張って見えやすいです。過蓋咬合を治療したことで、エラ張りが改善された場合、フェイスラインがシャープになることで、顔の縦の割合が大きくなる可能性もあります。

過蓋咬合でなくとも、歯並びが悪いせいでエラ(咬筋)が発達してしまっている場合には、同様にフェイスラインの変化によって、面長感を感じることもあり得るでしょう。

歯列矯正でエラ張りが改善するのかについては、こちらのコラムでさらに詳しく分かります。

関連記事:歯列矯正でエラ張りが改善しやすいケースとは?実は骨格だけが原因じゃないんです。親知らず抜歯についても解説

人中が長くなった場合

歯が並ぶスペースが足りずに、歯並びが悪くなってしまっているケースでは、歯の側面を少し削ったり、程度によっては抜歯をしてスペースを作って治療します。

しかし、適切なスペース作りをしないで歯列矯正を行った場合、歯が行き場をなくして口元が前に盛り上がってしまうことが起こります。 いわゆる口ゴボのような状態になるため、矯正前よりの人中が引き伸ばされて見える場合も。

人中が長く見えるようになった結果、お顔全体の縦の長さが強調される可能性もあります。

※あくまで一例であり個人差があります。 

意図せず歯列矯正で口元が前に出てしまうという事態を防ぐためには、矯正歯科の専門知識と十分な技術を持った歯科医のもと、しっかりと精密検査を受けましょう。そして、歯並びはもちろん、見た目をこうしたいという希望なども、きちんと全て共有した上で、矯正を決めていくことが大切です。

歯列矯正がダイエットにつながった場合

歯列矯正中は、装置の違和感や食べづらさなどから、自然と食事量が減る傾向があります。また、食事をとると歯磨きが必要であったり、マウスピース矯正であればマウスピースの着脱などのわずらわしさから、間食もしなくなり、結果としてダイエットにつながるケースもあります。

また、食べるもの自体も、柔らかく食べやすいものを選ぶことが多く、かむ回数が減ります。すると咬筋を使う量が減って、エラの張りなどが改善することも。

こうした結果、顔の横幅が小さくなったり、フェイスラインがシャープになることで、面長になったように感じる可能性があります。

まとめ

歯列矯正をすることで、面長な顔立ちが改善したと感じることがあります。それは、歯並びを整えると、人中やアゴの長さが短くなったようにみえることがあるからです。

また、かみ合わせが整うと、お口周りの筋肉が動かしやすくなります。その結果、頬や口周りの皮膚のたるみが改善した場合にも、顔の長さが短くなったり、小顔になったように感じることもあるでしょう。

歯列矯正は、骨格そのものを直接変えることはなくても、顔立ちの印象を変えることがあります。

ただし、個人差が大きいので、歯列矯正がご自身の歯並び以外の部分に、どのように変化をもたらす可能性があるのか、歯科医師に相談してみましょう。

アットスマイル矯正では、歯科医師と歯列矯正についての無料相談をご用意しています。ぜひご活用ください。

無料カウンセリング予約


マウスピース矯正は「アットスマイル」
  1. 透明なマウスピースで目立たない矯正
  2. 世界34カ国以上で使われているマウスピース「クリアコレクト」を採用
  3. 初回相談0円。矯正費用の目安は30~60万円。

アットスマイル矯正HP


アットスマイル矯正の矯正事例

アットスマイル矯正では出っ歯やガタガタの矯正はもちろん、奥歯のかみ合わせの矯正にも対応しています。

治療内容:透明なマウスピースによる目立ちにくい歯列矯正です。
※千円以下の端数がある場合は、切り上げています。
※費用は治療当時の料金となります。
※自由診療となり保険は適用されません。
※歯並びによってはマウスピースによる治療が出来ない場合があります。

主なリスクと補足事項:
・歯の動きやすさには個人差があります。
・正しい装着方法で決められた時間以上装着しない場合は治療期間が長くなる可能性があります。
・咬合、歯肉退縮、歯根吸収等が発生する可能性があります。
・矯正箇所が元に戻る(後戻り)場合がありますので、治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
・装置装着後と通院における装置調整後は1~3日ほど痛みを伴うことがあります。
・歯の移動が大きい症例などには不向きです。

症例をもっと見る

SHARE

アイコン LINEで相談 アイコン 無料
カウンセリング予約